TEL 045-543-7771
東急東横線綱島駅東口より徒歩30秒

綱島・日吉の綱島駅前眼科

子供の近視

昼間は裸眼で快適な生活を メディカルローン オルソケラトロジープラン RESERVED PLAN PLUS SURUGA bank
HOME»  子供の近視

子供の近視治療

近視は病気ではなくても深刻な問題

近視は近くを見るのに有利なため近方作業の多い現代の環境に対する適応とも考えられます。近視のある人は老眼が見かけ上出にくくなるので近くが見やすいからです。ただこのメリットを感じられるのは40歳くらいになってからです。

10代ではピント合わせの力が十分にあるために遠視や正視(近視も遠視もない眼)の人はほとんどが不自由を感じませんが、子供の時は近方より遠方を見る時間が多いために近視の子供さんは遠くが見えないというディメリットが出てきてしまいます。

人間はカメラと同じく近くを見る時にピントあわせをして物を見ています。
たとえ短時間の近業でも毛様体(ピント合わせをする筋肉)には絶えず緊張が強いられていて、これが近視の誘因と考えられています。そのために小学校高学年から近視が増えてきます。

眼鏡をかけたくないと思っている本人にとって、近視は生活の質を下げるため病気ではなくても深刻な問題であると思います。

当院では正確な検査を行い視力と屈折(近視や遠視の度数)の状態を把握してから、まず治療のできる近視であるかどうかを判断します。治療可能な場合は治療を行います。それ以外の場合ではなるべく眼鏡をかける時期を先に延ばせるように子供さんのライフスタイルや希望を聞きながら最良の方法が提供できるようにアドバイスを行っています。

視力について

黒板の字を無理なく見るのに必要な視力は?

黒板の字を無理なく見るのに必要な視力

370方式の視力測定結果の判定・解釈・指導

判定 視力 解釈と指導
A 1.0以上 視力は正常です。ただし、軽度の遠視の場合もこの中に含まれます。
B 0.9~0.7 学校生活への影響はわずかですが、近視の始まりのことが多く、眼科受診をお勧めます。
C 0.6~0.3 教室の後方の席からでは黒板の字が見にくい状態です。近視などの屈折異常以外の疾患の場合もありますので、眼科の受診が必要です。
D 0.2以下 教室では前列でも黒板の字が見にくい状態です。早急に眼科を受診してください。

学校検診で眼科受診を指示された方へ

当院では、以下の手順に従って治療をいたします。

page top