TEL 045-543-7771
東急東横線綱島駅東口より徒歩30秒

綱島・日吉の綱島駅前眼科

目の病気

昼間は裸眼で快適な生活を メディカルローン オルソケラトロジープラン RESERVED PLAN PLUS SURUGA bank
HOME»  目の病気

子供の近視治療

近視は病気ではなくても本人にとっては深刻な問題。なぜ近視の予防が大切なのか。

近視は近方作業の多い現代の環境に対する適応とも考えられます。近視のある人は老眼が見かけ上出にくくなるので近くが見やすいからです。ただこのメリットを感じられるのは40歳くらいになってからです。
10代ではピント合わせの力が十分にあるために遠視や正視(近視も遠視もない眼)の人はほとんどが不自由を感じませんが、近視の子供さんは遠くが見えないというディメリットが出てきてしまいます。

近視が進んで強くなると眼球が大きく変形し病的近視と呼ばれる状態になります。日本人の場合20人に1人の割合でなると言われています。こうなると瓶の底の様なメガネをかけても視力が出なくなってしまいます。また、緑内障や黄斑部出血などの合併症を起こして失明の原因ともなります。

子供の近視治療に関する詳しい情報はこちら

オルソケラトロジー

近視の進行を予防する効果

小児に対するハードコンタクトレンズの装用が近視の進行を予防する効果を持つことが以前から知られています。オルソケラトロジーに使用するハードレンズには近視の治療のみだけではなく近視の進行を予防する効果が認められています。その効果は現時点では一番あると言われています。また、治療開始年齢が早いほど近視進行抑制効果が強いこともわかってきました。そのためオルソケラトロジーは、近視が進行する子供や青少年に大きな適応があると考えられています。
屈折矯正手術は角膜に、そして眼圧を含めた眼全体の環境に不可逆的な変化を及ぼします。
また年齢に制限がある点もオルソケラトロジーと違う点です。

オルソケラトロジーに関する詳しい情報はこちら

白内障

日常生活に不自由を感じるようになったら手術による治療を

眼の中の水晶体(眼をカメラに例えるとレンズにあたる部分)が濁ってしまう病気です。

外傷、眼の病気やアトピーや糖尿病などの全身の病気で起こることもありますが、最も多いのは加齢による白内障です。
はっきりした原因はまだよくわかっていません。白内障の進みぐあいは個人によってまちまちです。初期のうちは経過をみていけばよいのですが、かすむ、まぶしい、眼鏡をかけても二重に見えたりはっきりと見えないなどの症状が出て日常生活に不自由を感じるようになったら手術による治療を行います。

手術は水晶体を薄皮まんじゅうに例えると皮に穴をあけ、中のあんこを吸い出して空になった皮の中に人工のレンズを入れる感じです。点眼の麻酔のみで痛みはほとんどありません。白内障は適切な時期に治療を行えば視力を回復できます。
当院では最新の設備の下で安全に日帰り手術を行っておりますので御相談ください。

緑内障

自覚症状のない早期に発見して早期に適切な治療を

眼に異常がなくても物が見えなくなることがあります。眼で捉えた情報を脳の視覚中枢にきちんと伝えてはじめて物が見えるからです。脳梗塞などで脳の一部が傷んだりすると眼は正常でも物が見えなくなったり視野が狭くなったりすることもあります。貧血で眼の前が真っ暗になって何も見えなくなるのも血液が不足して脳の働きが一時的に低下したためです。

眼と脳をつないで情報を伝える回線の働きをしているのが視神経です。

緑内障は視神経が徐々に傷んで眼からの情報が脳に伝わらなくなっていく病気です。
そのため、傷んだ視神経の部分の視野が欠けるという症状が出てきます。
最近のデータでは40歳以上の約20人に1人が緑内障と言われています。さらにそのほとんどの方が眼圧は正常です。眼圧が正常だからといって安心はできないわけです。
緑内障の診察で大切なことは傷んだ視神経の形の異常をみつけることです。
緑内障はゆっくりと進んでいき自覚症状もかなり進まないと出てこないので外来や検診で偶然みつかることが多い病気です。
一度失った視野や視力は回復できませんが、すぐに失明する怖い病気というわけではなく自覚症状のない早期に発見して早期に適切な治療を行えば日常生活に不自由なく視力や視野を維持できます。
視野の欠ける病気は緑内障だけではありません。当院では早期発見、正確な病状の把握を眼底検査、視野検査、眼圧測定を通して行い、適切な治療(点眼、レーザー)を開始しています。
手術治療の必要な場合は治療に最適な緑内障専門の上級医療機関に紹介しておりますのでご安心ください。

40歳を過ぎたら自覚症状のなくても検診をお勧めします

網膜・硝子体疾患

早い時期での治療がとても大切です

網膜・硝子体疾患には飛蚊症、網膜剥離、糖尿病性網膜症、加齢性黄斑変性症、網膜色素変性症などの多くの視力に関係する重要な病気があります。これらの病気は早い時期での治療がとても大切です。

当院では蛍光眼底造影検査、網膜光凝固術(網膜レーザー治療)を完備して早期発見、早期治療に力を入れ、視力を維持することに重点を置いています。突然の飛蚊症(ゴミや虫が動いて見える症状)で発症することの多い網膜剥離でも早期であれば網膜光凝固術(網膜レーザー治療)で治療できます。

糖尿病性網膜症は成人の失明原因で最も多い疾患です。血糖コントロール、内服、網膜光凝固術(網膜レーザー治療)で治療できることが多いので、糖尿病と診断された方は自覚症状がなくても早めの受診をお勧めします。病気が進行すると手術などの高度な治療が必要となることがあります。その場合は入院治療可能な上級医療機関にご紹介していますのでご安心ください。

page top