医療法人紫凰会 綱島駅前眼科 Tsunashima-Ekimae Ophthalmology Clinic
TEL 045-543-7771
東急東横線綱島駅東口より徒歩30秒

綱島・日吉の綱島駅前眼科

目の病気

HOME»  目の病気

子供の近視治療

近視は予防が大切です

近視は近方作業の多い現代の環境に対する適応とも考えられます。近視のある人は見かけ上、老眼が出にくく近くが見やすくなるからです。
ただこのメリットを感じられるのは老眼がでる年齢になってからです。
子供ではピント合わせの力(近くを見る力)が十分あるために弱い遠視や正視(近視も遠視もない状態)の人は遠方から近方までよく見えて不自由を感じませんが、近視の子供は遠くが見えにくいディメリットが出てきてしまいます。
近視が進行して強くなると色々な問題を起こします。近視の強さがあるレベルを超えてしまうと病的近視と呼ばれる状態になってしまいます。日本人の場合20人に1人の割合でいると言われています。こうなると瓶の底の様な分厚いレンズの眼鏡をかけても十分な視力が出にくく日常生活に不自由を感じてしまい、パイロットを目指している方は就業が難しくなってしまいます。
医学的には眼球自体の変形や網膜剥離や緑内障の原因となってしまったり網膜で大切な黄斑部に種々の合併症を起こして失明の原因になることもあると言われています。
スマートフォンやタブレット端末の使用、安易な眼鏡やコンタクトレンズの使用は近視を進めてしまう一因となるので注意が必要です。

子供の近視治療に関する詳しい情報はこちら

はやり目

はやり目(急性ウイルス性結膜炎)について

白目の表面を被っている半透明の粘膜を結膜といい、外部から白目(強膜)を守っています。結膜の炎症が結膜炎です。細菌、ウイルス、アレルギーなどいろいろな原因でおこります。
ウイルスが原因で起こるものをウイルス性結膜炎といいます。非常に感染力が強く短期間に爆発的に感染が広がることがあり‘はやり目’と呼ばれています。症状は白目の高度の充血、目やに、耳の前のリンパ節の腫れがみられることもあります。かゆみはほとんどありません。
はやり目を起こすウイルスの種類にはいくつかあり重症な症例ほど感染力も強く経過も長くかかります。迅速診断キットという診断キットを用いて診断します。陽性の場合ははやり眼と診断できますが、陰性の場合ははやり眼を完全に否定することができないのがこの検査の弱点です。また、はやり眼の初期は診断が難しい場合があります。その場合は目薬を使用して数日経つと診断がつけられるようになります。
はやり眼の可能性がある場合は感染を広げないために、他人との接触を避けて学校や仕事はお休みして経過をみることが大切です。また、炎症が強い場合には黒目が点状に濁って眩しさや視力低下の原因になることがあります。点眼は指示通りに続けることが重要です。

オルソケラトロジー

近視の進行を抑制する治療

ハードコンタクトレンズの装用が近視の進行を予防する効果を持つことが以前から知られていました。オルソケラトロジーはさらに近視進行の抑制力を強化した特殊なデザインのハードコンタクトレンズを夜間就寝時に使用して近視の進行を抑制する治療です。その効果は現在のところ最もあると言われています。また、寝ている間に近視が改善して昼間はレンズを使用しませんが裸眼で見えるようになります。治療開始年齢が早いほど近視進行抑制効果が強いこともわかってきました。オルソケラトロジーは近視が年齢の割には強い子供やスポーツなどで眼鏡をかけたくない子供に良い治療かもしれません。
また、角膜、眼圧を含めた眼全体の環境に不可逆的な変化を及ぼす屈折矯正手術とは違いオルソケラトロジーは可逆的で中止をすれば元の状態に戻ることができます。
当院での治療は約350症例を超え、日本眼科学会オルソケラトロジー講習会受講証を持った医師が2017年12月に日本眼科学会により未成年者にも慎重に処方が可能となったレンズを用いて安全に治療を行っています。

オルソケラトロジーに関する詳しい情報はこちら

白内障

日常生活に不自由を感じるようになったら手術による治療を

白内障とは

眼の中の水晶体(カメラのレンズにあたる部分)が濁ってしまう病気です。眼の外傷や病気、アトピーや糖尿病などの全身の病気で起こることもありますが最も多いのは加齢による白内障です。白内障の進み具合は個人によって違いがあり治療を必要としない方もいます。初期のうちは自覚症状もなく経過をみていけばよいのですが、進行してくるとかすむ、まぶしい、眼鏡をかけても二重に見えたり視力が出ないなどの症状や近視が進んでしまうこともあります。定期的に経過を見ることが大切です。

手術について

原則として症状が出て日常生活に不自由を感じるようになったら手術を行います。白内障は適切な時期に治療を行えば視力を回復できる病気です。白内障が進行してから手術を行うと術後の回復が遅れたり手術による合併症のリスクも上がります。手術を必要以上に延ばさないことが大切です。また稀に白内障が原因で緑内障などの他の眼疾患を引き起こすこともあり、この場合は早めに手術をする必要があります。手術は水晶体の外側の皮を残して中身のみを破砕除去した後に空になった皮の中に人工のレンズを入れます。眼の手術と聞くと恐いと感じる方が多いと思います。手術時間は通常10分程度で、麻酔は点眼のみで痛みはほとんどありません。また、手術中に声は聞こえますが手術中は明るさがわかる程度で手術自体はまったく見えませんのでご安心下さい。当院では白内障手術執刀件数約3000例の経験豊富な医師が最新の設備の下で安全に質の高い日帰り手術を行っています。

眼内レンズについて

眼内レンズには単焦点レンズ(単焦点眼内レンズ、乱視矯正用単焦点眼内レンズ)と多焦点レンズ(多焦点眼内レンズ、乱視矯正用多焦点眼内レンズ)があります。どちらのレンズも遠方の見え方に差はありませんが50cmから2mくらいの見え方に差が出てきます。多焦点レンズは50㎝くらいから遠方までスムーズ見えるのでパソコンなどのデスクワークが多い方にはよいレンズです。多焦点眼内レンズは夜間のにじみなどの画質の欠点がありましたが最近は改良が進み満足度も飛躍的に上がっています。

緑内障

自覚症状のない早期に発見して早期に適切な治療を

物が見える仕組み

眼に異常がなくても物が見えなくなったり視野が狭くなることがあります。眼で捉えた情報が大脳の視覚中枢にきちんと伝わってはじめて物が見えます。脳梗塞などの頭蓋内疾患でも眼は正常でも物が見えなくなったり視野が狭くなったりすることもあります。立ち眩みで眼の前が真っ暗になって何も見えなくなるのも脳血流量が低下して視覚中枢の働きが一時的にダウンしたためです。眼と脳をつないで情報を伝える回線の働きをしているのが視神経です。眼、視神経、大脳のどれかに障害がでると視覚に異常が出ることがあります。

緑内障とは

緑内障は視神経が徐々に傷んで眼からの情報が視覚中枢に伝わりにくくなっていく病気です。視神経の損傷がある程度進むと視野が欠けるという症状が現れます。日本人では40歳以上の20人に1人が緑内障であると言われています(有病率5%)。緑内障はゆっくりと進んでいき自覚症状はかなり進行しないと出てこないので外来や検診で偶然に見つかることがとても多い病気です。緑内障の患者さんの約90%は自覚症状がないために緑内障の診断を受けていないのが実状です。残念ながら現在の医療のレベルでは緑内障により失われた視野を取り戻すことはできないので、自覚症状のないより早期に緑内障を発見することが大変重要になります。緑内障をより早期に発見することができるようになれば日本人の失明原因の1/4を占め、第1位にある緑内障による失明を減らすことができます。 日本人に多い緑内障は眼圧が正常である正常眼圧緑内障です。ですから検診で眼圧に異常がないからといって安心はできないのです。

検査について

緑内障の診断で最も重要なことは眼底検査で傷んだ視神経の形状の異常をみつけることです。最近は光干渉断層計(OCT)という検査機器を用いることによって視野に異常が出る前の早期の神経の異常も発見できるようになりました。視野の欠損する病気は緑内障だけではありません。当院では早期発見とともに正確な診断と病状の把握を心掛けています。また緑内障が進行しているかどうかをみるためには視野検査が必要になります。きちんとデータをとり経過をみていくことが非常に大切になります。

治療について

緑内障治療の目的は緑内障を治すことではなく緑内障が原因で生活に支障をきたす視覚障害を起こさせないことです。ほとんどの緑内障はゆっくりと進行するため、すぐに失明する怖い病気というわけではなく自覚症状のない早期に発見して適切な治療を行えば日常生活に不自由なく視力や視野を維持できます。治療は点眼、レーザー、手術があります。通常は点眼治療が主体ですが、それだけでは効果の得られない場合には他の治療を加えることになります。残念ながら緑内障の原因は未だに完全に解明されていないのが現状です。唯一、効果のある治療は眼圧を下降させることです。また少ないながらも眼圧下降が得られても視野欠損が進行する場合や治療をしなくても進行しないこともあります。強度近視、片頭痛、高血圧などの方は注意が必要です。手術治療が必要な場合には信頼のおける緑内障手術に精通した医療機関を紹介しますので安心して下さい。

最後に

緑内障は長い付き合いになる病気です。最近、点眼薬も種類が増えて治療しやすくなっています。医学は必ず進歩するものです。緑内障も将来治る病気になる可能性があります。今できることを頑張ることが大切です。40歳を過ぎたら自覚症状がなくても検診を受けることが重要です。

網膜・硝子体疾患

早い時期での治療がとても大切です

網膜・硝子体疾患には飛蚊症、網膜剥離、糖尿病性網膜症、加齢性黄斑変性症、網膜色素変性症、中心性漿液性脈絡網膜症など視力に関係する多くの重要な疾患があります。これらの疾患の中には早い時期での治療がとても大切になってくるものが多いのも特徴です。 当院では眼底検査の他に光干渉断層計(OCT)、蛍光眼底造影検査などを行い早期発見と診断に努めています。必要な場合は網膜光凝固術(網膜レーザー治療)を行い早期治療にも力を入れています。突然の飛蚊症(ゴミや虫が動いて見える症状)で発症することの多い網膜剥離でも早期であれば網膜光凝固術(網膜レーザー治療)で治療ができます。 糖尿病性網膜症は成人の失明原因として重要な疾患です。血糖コントロール、内服などの内科治療が大切なのは言うまでもありませんが、重度の網膜症を防ぐためには自覚症状が出る前の適切な時期に網膜光凝固術(網膜レーザー治療)を行うことが非常に重要になります。糖尿病と診断された方は自覚症状がなくても早めの受診をこころがけ定期的に眼底検査を受けることをお勧めします。病状が進行すると手術などの高度な治療が必要となってきます。その場合は入院治療可能な上級医療機関にご紹介していますのでご安心ください。

page top